140年余に渡り当地で開業しておりました医療法人恵仁会 大谷医院が、地域医療の役目を終え、新会社を設立して、高齢化社会に向け新たな貢献をさせて頂きたいと考え、デイサービスを2005年3月3日に開設致しました。

当施設のデイサービスは、従来のデイサービスの概念にとらわれない自由な発想の大人のデイサービスです。ご高齢者の尊厳の保持を第一に考え、ご利用者本意のサービス提供を行っています。

具体的には、ご利用時間は、ご利用者の体力やご利用目的・ご家族のご要望等を重視して送迎時間も柔軟に対応しています。
ご入浴時間もできる限りご希望に沿うように、大小2つの浴室や浴槽もお選び頂けるようになっております。
お食事は、調理師が管理栄養士の指導の元に清潔な厨房で調理して、ホール(デイルーム)でお好きな分量をお伺いしながら陶器の器に盛り付けて、職員と一緒に和気あいあいと召し上がって頂いております。
当施設の特徴のひとつにゆったりと贅沢なスペースをお使い頂けることです。
体操、リハビリ運動、カラオケをはじめ、音楽会やフラダンスショーなどの慰問やフリーマーケットの開催、納涼祭などのイベントもすべて屋内で行えます。
もうひとつのテーマは「和風と本物」。広々とした玄関ホールは、障子による間接照明で和の空間を演出し、畳のコーナーには、週変わりで高級呉服と帯を展示して、ご利用者の皆様の若かりし頃を思い出して頂いて、お元気になられるように配慮をしています。
冬場の室内は、空調だけでは足元が寒いので、全テーブルがリビングこたつになっておりますので、やすらぎと共に暖かくお過ごし頂けます。
デイサービス設備の詳細は『施設紹介』をご覧下さい。


2006年4月に介護保険法が改正されて新たに地域密着型サービスという分野が創設され、当事業所は、これに含まれる『小規模多機能型居宅介護』施設を2007年2月1日に開設しました

この施設は、通い(デイサービス)・お泊まり(ショートステイ)・訪問という3つのサービスを組み合わせてご利用頂けます。但し、定員制のため25名に達しますと締め切りになります。

この施設の良いところは、通いも泊まりも訪問も1つの施設で行うため、常に顔見知りの職員から介護が受けられることです。また、急な通いやお泊まりが必要になった時でも、施設のケアマネジャーが柔軟に対応してプランの変更がスムーズなので安心してご利用頂けます。
こちらも詳細は、『小規模多機能ハウスおおたに』のページをご覧下さい。


2011年6月1日『居宅介護支援事業所 梅の郷大谷』を開業しました。
居宅介護支援事業所とは、ケアマネジャーの事務所の事です。
介護認定の申請からケアプランの作成、デイサービスや訪問介護事業者、福祉用具のレンタルなど何でもご相談頂けます。
詳細は、『居宅介護支援事業所 梅の郷大谷』ページをご覧下さい。

現在、3つの介護事業所とデザイン関係の部門が同一敷地内と隣接地で展開中です。

これからも、地域の皆様に可愛がって頂けるよう職員一同と共に精一杯の努力を重ねて参りたいと思いますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

理 念
法令を遵守し、ご利用者本意の介護サービスの 提供と、身だしなみを整え優しい笑顔と丁寧な 言葉で、ご利用者の尊厳の保持に努め、身体拘束のない安全で快適な満足度の高い介護を目指します

有限会社シルバーライン
代表取締役 大谷明子

「デイサービス梅の郷大谷」へ 「小規模多機能ハウスおおたに」へ
「居宅介護支援事業所 梅の郷大谷」へ


トップページに戻る

このページに掲載されている文章・画像等を無断で転用・複製することを禁じます。